絶食療法

個人的なブログです。

2月17日頃から胃腸の調子が悪くなりました。

2月28日に病院で胃腸炎だろうという診察結果、そのまま絶食療法に突入しました。

2月28日~3月5日まで、6日間の絶食療法をしました。

2日目までがピークで非常に辛かったですが、3日目からはすごく快適になってきました。

仕事をしながらなので、カロリーが足りず体力的には苦労しました。

1日点滴を含めて250kcalほどしかないので、仕事は辛かったです。

3日目以降慣れてくると、驚くほど快適な時間と強制的にダイエット(-6kg)になったことで、体も軽く気分も快適でビックリしました。

3月6日から流動食を食べていますが、食べ物の大切さを気づかされる毎日を送っています。

私はもうすぐ39歳になりますが、気分に任せて好きなものを食べているのはすごく幸せなことだなってつくづく感じました。

絶食療法はいろいろ調べてみると、胃腸障害には最高の治療法であり、肝臓や腎臓にも効果があり、細胞を若返らせる効果があると言われているみたいですね。

確かに、洗顔時に感じたのですが肌も少し変わった気がします。

そのままついでにダイエットをしました。

家で飲む晩酌をやめ、炒め物や揚げ物を控えるだけでしたが、合計で9kg痩せることが出来ました。

身長が171cm、体重64kgになりましたので、平均体重くらいになり、リバウンドもなくダイエットすることが出来ました。

39年頑張って働き続けて来てくれた内臓に感謝し、これからは労わりながら生活して行こうと思いました。

このブログ記事について

このページは、工具タウンが2011年3月 9日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「木工用SDSドリル」です。

次のブログ記事は「東北地方太平洋沖地震の影響について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。