2011年3月アーカイブ

公益社団法人日本青年会議所が独自の東北地方太平洋沖地震への支援物資の配送ルート確保することが出来たと報告を受けました。(埼玉県羽生ルート)

私の所属する青年会議所からも、本日の便で、飲料水 約50ケース、お茶等 約10ケース、米 50kg、トイレットペーパー 約200ロール、幼児用おむつ 約20箱、インスタント食品 約30箱、生理用品 約10箱、カン詰 約5箱、ポリ容器 10個、簡易医療用具 少量(包帯・消毒液等)を送りました。

江南市も行政の独自ルートが構築していない状況なので、早く支援物資を送りたいということで、青年会議所の埼玉県羽生ルートで、アルファ米 500食を一緒に送りました。

埼玉県羽生市の物流センターには、全国各地の青年会議所より80トンの資材が集まったと情報が入っています。

 

■東北地方太平洋沖地震の影響について

 

被害を受けられた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

1人でも多くの方が救出されるよう、心からお祈りを申し上げます。

 

■当店の商品、入出荷について

取り扱いメーカー数社が、被害を受け出荷不可能になっております。

ホールソー、コアドリルの関連が、入荷未定になっている商品がございます。

配送につきましても、ヤマト運輸で一部配送再開した地域もございますが、どの地域も配達の遅れがある地域もございます。

毎日内容が変わってしますかもしれませんが現状の内容を記載します。

■配達不能地域

青森県、宮城県、秋田県、山形県、岩手県、福島県、栃木県の一部

■配達延滞地域(現在配達がいつ届くかわからない状況です)

東京都、神奈川県、栃木県、千葉県、埼玉県、山梨県、北海道、栃木県の一部

 

絶食療法

個人的なブログです。

2月17日頃から胃腸の調子が悪くなりました。

2月28日に病院で胃腸炎だろうという診察結果、そのまま絶食療法に突入しました。

2月28日~3月5日まで、6日間の絶食療法をしました。

2日目までがピークで非常に辛かったですが、3日目からはすごく快適になってきました。

仕事をしながらなので、カロリーが足りず体力的には苦労しました。

1日点滴を含めて250kcalほどしかないので、仕事は辛かったです。

3日目以降慣れてくると、驚くほど快適な時間と強制的にダイエット(-6kg)になったことで、体も軽く気分も快適でビックリしました。

3月6日から流動食を食べていますが、食べ物の大切さを気づかされる毎日を送っています。

私はもうすぐ39歳になりますが、気分に任せて好きなものを食べているのはすごく幸せなことだなってつくづく感じました。

絶食療法はいろいろ調べてみると、胃腸障害には最高の治療法であり、肝臓や腎臓にも効果があり、細胞を若返らせる効果があると言われているみたいですね。

確かに、洗顔時に感じたのですが肌も少し変わった気がします。

そのままついでにダイエットをしました。

家で飲む晩酌をやめ、炒め物や揚げ物を控えるだけでしたが、合計で9kg痩せることが出来ました。

身長が171cm、体重64kgになりましたので、平均体重くらいになり、リバウンドもなくダイエットすることが出来ました。

39年頑張って働き続けて来てくれた内臓に感謝し、これからは労わりながら生活して行こうと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。