コアドリル本体の選び方

spj-5a_70.jpg
TS-092_SSS100.jpg
コアドリル本体の選び方を紹介したいと思います。

メーカーや機種によって取り付けねじが異なります。
「M27ねじ」「Cロット」「Aロット」が一般的なねじになります。
ダイヤモンドコアビットを持っている場合は購入したけど、ねじがあわない事もあります。
レジューサーというねじの種類を切り替える商品を使用すればねじが違うダイヤモンドコアビットでも使用可能になります。(ストロークなどの問題で使用出来ないこともあります)

「穴あけのサイズ」「深さ」によって機種を選ぶようにしましょう。
穴のサイズで言えば、よく使用する穴径が機種の最大穿孔径になる場合は必ず上の機種を選びましょう。
大型機種はパワーがあるので作業スピードはUPします。
小型機種はパワーがない代わりに持ち運びが便利です。
頻繁に使用される方は、可能であればAロットねじの中型・大型機種をオススメします。

メーカーでは「コンセック」「シブヤ」が日本で主力メーカーになるでしょう。
どちらがの商品がいいかどうかは好みがあるようで、一概には言えません。

作業内容に合った機種を選定できるのは専門ショップも強みと言えるでしょうね。

コンセック コアドリル   シブヤ ダイモドリル

このブログ記事について

このページは、工具タウンが2009年1月30日 17:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイヤモンドブレードの選び方」です。

次のブログ記事は「超硬ホールソーの選び方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。